5日振りの朝陽

台風は特に被害を残さずに去ってくれ、一安心です。
今日からまた暑さがぶり返すようですが、熱帯夜はもう勘弁願いたいですね。

午前4時過ぎに目覚め...まずは東の空を速攻で確認
いました!...雲はありながらも、何とか極細のお月さま(月齢27.7)に会えました。

2018_0810-IMG_5788.jpg





日の出は4時50分ですので、余裕で家を出て...
まずはJR日立駅海岸口に立ち寄って、とりあえず一枚。

2018_0810-IMG_5800.jpg






海霧が流れ込んできたので、本当は高台の方がよかったかなぁ...と思いながらも
つい、いつもの砂浜へ来てしまいました。
すでに日の出時刻を過ぎましたが、まだ朝陽は見えません。

2018_0810-IMG_5871.jpg






そして、ようやく雲の上から朝陽が昇りました。
いつもの航路標識灯とのコラボですが、今朝は霧のせいでぼんやり...です。

2018_0810-IMG_5894.jpg






波打ち際で餌を探していたウミネコ
光の反射を意識しながら、構図を気にしつつ、ウミネコが飛んでいかないことを願いつつ...
何とかいい感じのシルエットが撮れました!

2018_0810-IMG_5959a.jpg



人気ブログランキングに参加中です。
写真が「いいなぁ、気に入った!」と思った方は
↓↓↓をプチッとクリックお願いしま~す。



にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

へんじゃく院長先生

こんにちは。
再コメント、ありがとうございます。

方丈記の「ゆく川の流れは絶えずして...」の情景を、分子生物学的視点で
解説してくれているようで、自分的にはとっても説得力がありました。
人間の体内を分子レベルで見ると...絶えず破壊と再構築を繰り返す動的
平衡をとりながら、エントロピー増大の結果である「死」と折り合いをつけて
いるといった観点、そして巧妙に仕組まれたバランスと遺伝子スイッチの
オン/オフのタイミング等...続編の著作「動的平衡2」も面白いですよね。
単に「生きる」というだけではなく、人間らしく...という命題を重ねると、これは
もう難解すぎますが、少なくとも何かのヒントを与えてくれる素晴らしい視点に
立った著作だと思っています。
続きは...次回オフ会にでも(笑)

コメント、いつもありがとうございます!

No title

動的平衡!

今では自分の考えの核になっている気がしますね。

「生きとし生けるものは自分の生命の劣化に対応するために
常に自分を壊して再構築している」

これを自分流に解釈して「精神的にも肉体的にも常に自分に負荷をかける」のが
病的老化を避け、自然な老化に導く解だと信じています(^^♪

No title

へんじゃく院長先生

こんにちは。
はい、私もそう思います。
解のない問い、あるいは解を求めずともよい事象に対して、
論理的な答えを懸命に見つけ出そうとしているようなものですね。
花も虫たちも、人間のように後付けの理屈を探すようなことはせず、
ただ「生きる」という本能に、素直に従っているだけでしょうね。

以前、へんじゃく先生に教えて頂いた「動的平衡(福岡伸一著)」を
もう一度読み直そうと思いました。

コメント、いつもありがとうございます!

No title

波打ち際でたたずむウミネコ。
なんとなく哲学的ですねえ~。

もっともそんな勝手な理屈をつけるのは
人間だけで、彼らにしてみれば一日一日を
精一杯生きているだけだと思いますが。
プロフィール

のほほん隠居

Author:のほほん隠居
カメラ目線で発見する様々な瞬間の感動を日々積み重ね、「未だに・今なお」という未熟さを「今だ・今NOW]と前向きに変えて行きたいと思っています。
夜明け前~日の出の光景を主に撮っています。

Canon PowerShot SX60HS, SX70HS
iPhone SE (3rd gene.)
Adobe Photoshop

リンクフリーです
コメントもお気軽にどうぞ !

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事+コメント
月別の過去記事
訪問者の数
カテゴリ (未整理です)
朝陽 pick up アルバム
flickr いまだ・いまなぉ
日が昇る頃の光景をフリッカーにまとめて掲載しています。
良かったらご覧下さい。
よく訪問させて頂いているサイト
※ 承諾なしでの掲載もありますが、悪しからずご容赦ください。